イメージ

2007年09月24日

『不能説的秘密』台湾金馬奨にエントリー。バッター李安にジェイが全力投球

3.jpg
 今年の第44回台湾金馬奨(台湾アカデミー賞)の応募が昨日で締め切られた。受賞は、ベテラン・李安の『色・戒(ラスト・コーション)』とルーキー・周杰倫の『不能説的・秘密』の一大対決が期待される。

 金馬奨実行委員会は昨日午後6時に応募の締め切りを発表した。目下のところ、劇映画68本、短編映画14本、ドキュメンタリー1本とアニメーション1本の応募が確認されている。『色・戒』、『不能説的・秘密』、『太陽照常升起(ザ・サン・オルソー・ライズ)』など注目の作品を含み、いずれも締め切り前に間に合わせて応募を終えた。しかしここ数日依然として金馬奨実行委員会は、締め切り前を消印有効とした、郵便での応募を受理している。

 大きな注目を集めている『色・戒』は監督・李安を含む、主演男優・梁朝偉、主演女優・湯唯、助演男優・王力宏、助演女優・陳沖などがいずれも応募をした。湯唯はまた、新人賞にも応募した。この映画の強力なライバルには劉偉強の『傷城』、爾冬陞の『門徒』、張之亮の『墨攻』及びに、ヴェネチア映画祭から金馬奨に至るまで戦い続けている姜文が監督を務めた『太陽照常升起』などが控えている。
 
 主演男・女優の争いは激しい。梁朝偉は『色・戒』と『傷城』、劉徳華は『門徒』と『墨攻』に出演しており、自己に挑むに止まらず、その上『無間道』(インファナル・アフェア)の“偉華闘(偉華バトル)”を再演することになる。大陸の女優が金馬奨の女王の座を奪う勢いは激しく、湯唯の他に、『門徒』の張靜初、『圖雅的婚事』の余男、『太陽照常升起』の陳沖が応募している。

 今年台湾映画は17本の劇映画が応募をした。『不能説的・秘密』を含む、『最遙遠的距離』、『基因決定我愛nei』、『沈睡的青春』、『刺青』などである。桂綸[金美]は『不能説的・秘密』、『最遙遠的距離』の二作品に主演女優として応募、楊丞琳は『刺青』で主演女優として応募、曾ト[王玄]は『不能説的・秘密』で助演女優として応募をした。台湾若手女性スターの台頭は、今年の金馬奨における大きな焦点になりそうだ。

 周杰倫は『不能説的・秘密』で監督、主演男優賞など多数に応募している。現在ちょうどニューアルバムの準備をしている彼は、事務所を通して「自分が監督賞にノミネートされることを一番望んでいる。それよりもっと、桂綸[金美]が主演女優賞にノミネートされたら良いなと思っている。だけどまだノミネート作品は発表されていないから、李安の『色・戒』にプレッシャーを感じるかどうかなんて言えないよ」と語っている。

 『色・戒』は一昨日台湾で試写を行った。李安はとても気にかけており、海を越えて電話をよこし観客の反応を尋ねた。弟の李崗は李安に、皆とても気に入ったようだと教え、彼を少なからず安心させた。何度も繰り返し『色・戒』のベッドシーンばかり注目しないよう呼びかけ、李安が台湾に帰国するのを待って、作品の更に深い部分に対し、自分の口ではっきりと語ってもらうつもりだ。『色・戒』は金馬奨に応募し、いくつノミネートされるかに関わらず、李安は全ての活動を以って金馬奨を支持する。

 今年の金馬奨は10月27日にノミネート作品を公表し、12月8日に台北小巨蛋で授賞式を行う。


聯合報 記者葛大維/台北報導/2007/09/21 より


訳 by kuro
サポート by BJ


お詫び:先日かなりの早とちりで「ノミネート!」という記事を書いてしまいました。ごめんなさい。単なるエントリーでした。しかし、一般人の声などを見る限りは 奨獲得は非常期待ですネ。


写真はクラスメーイト、晴依役の曾ト[王玄]。

posted by しゃん at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | secretニュース

『不能説的秘密』今年の台湾国内映画チケット売り上げ記録を塗り替える

 アイドル歌手・周杰倫(ジェイ・チョウ)が初監督を行った映画『不能説的秘密(言えない秘密:Secret)』は中国・香港で次々と上映がスタートした後、先週末台湾では、一週目にして台北のチケット売り上げが500万元(約1,750万円)近くになるという偉大な結果を作り出した。全国のチケット売り上げは1000万元(約3,500万円)を突破するという立派な成績で、今年の国内映画のチケット売り上げ第一位を上回った。

 台北での一週目のチケット売り上げ数の次点は『練習曲(英語名:island etude)』(陳懷恩・監督)と『刺青(英語名:Spider Lilies)』(周美玲・監督)で、今年の国内映画のチケット売り上げ記録を塗り替えることとなった。

 配給会社である傳偉電影公司は、先週初めて映画の完全なストーリーを公開してから、国内の映画評論とメディアはほとんどが良い評価を与えてくれていると語った。インターネットユーザーも映画について活発に意見を交わしており、各大手BBSで盛り上がっているばかりでなく、有名な映画評論家さえもブログで映画の感想を発表している。インターネットのページにざっと眼を通したところ、一日のうちに直ちに延べ五万人を突破し、映画に関連した話題が高い人気を持っている。

 映画会社は、現在までのところ『不能説的秘密』は香港で二週目にして既に792万香港ドル(約1億1,703万円)、中国では二週目で3000万人民元(約4億5,937万円)を上回るチケット売り上げたと話している。
 
 2007年に国内で製作され良い成績を収めた『練習曲』については、全国でのチケット売り上げ総数は881万台湾元、台北での一週目の売り上げ数は135万台湾元で、また『刺青』は、全国でのチケット売り上げ総数は713万台湾元、台北での一週目の売り上げは236万台湾元であった。

(2007/8/14 Yahoo!娯楽ニュース)

訳 by kuro


posted by しゃん at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | secretニュース