イメージ

2007年12月12日

『不能説的秘密』台湾 ロケ地巡り

自転車が走り、風車が回る。周董の愛の基地へまっしぐら。

湘倫と小雨の温かさをくれるラブストーリーのバイブル。

『不能説的秘密』はキャンパスを出てからのシーンが本当の秘密である。
本記者は東奔西走し、左に右にと捜し求め、遂に周董の、言えないプライベートな名所を探し出した。読者の皆様を案内し、映画の中のロマンを復習しよう。

***
roke01.jpg
トップシークレットのシーン>麟山鼻自転車道
湘倫が小雨を家まで送っていくのは麟山鼻の自転車道で、石門郷徳茂村の外に位置する。

麟山鼻の『秘密の自転車道』がインターネットユーザーによってネット上で公開された後、既に少なくない若いファンがこの聖地を訪れている。

湘倫が小雨を家まで送っていくときに必ず通る道に、長い長い木の桟道がある。これは実は淡水にはなく、台北県石門郷白沙湾付近の、麟山鼻風景区にある沿海自転車道である。この桟道の入り口は麟山鼻の漁港の傍にあり、もう一方は徳茂村の帆船ドックの近くにある。映画の中のシーンは、帆船ドックに比較的近い場所である。

最も早くにこの場所を発見したあるインターネットユーザーが、ネット上に写真を公表した後、最近では少なくない若いファンがこの「聖地」に駆けつけ、この没没无闻(訳確認中)な海辺の桟道を遊覧客で一杯にしている。

●行き方
麟山鼻自転車道に行くには。白沙湾の北観風景区観光センターの前の道を、漁港に向かってずっと行くと、桟道のスタート地点の漁港の傍につくことが出来る。台2線から北13(公王路)へ方向を変え海を臨む別荘に向かっていくと、帆船ドック側の桟道の入り口に行くことが出来る。



***
roke02.jpg
最も探すのが難しいシーン>桃園大園風車群
核一場付近の風車公園。



roke03.jpg
プラスアルファ 石門風車公園

もし大園の風車が遠すぎる、探すのが大変、と思ったときは、北海岸にある石門の核一场風車公園に行っても良いだろう。ここの風車には、とても見晴らしの良い角度に展望台が作られており、また風力発電を直ちに数値化して表す設備もあり、かなり面白い。石門風車公園は十八王公付近に位置し、淡金公路にははっきりと風車公園までの道のりの標識がある。毎日8時から18時。入園無料。



***
roke05.jpg
皆が知りたいシーン>現実には存在しないレコード屋

雰囲気は良いが、しかし現実には存在しない。


『不能説的秘密』を見終わってから、多くの人が姚蘇蓉版の『情人的眼涙』という古い歌を探し始めた。また劇中の主人公達が入り浸っていたレコード屋も印象深いものであり、次から次へとこの古いレコード屋は何処にあるのか聞いて回っていた。

答えは人をがっかりさせるものであった。これはセットの風景で、現実生活の中にはこのようなレコード店は存在しないのだ。だからこの様子は、映画の中に留めておくことしかできない。いつの日かを待って、ファンは自分でお店を開いてみてはどうだろうか。


roke04.jpg
その他のシーン>淡水河畔 夕焼けのそぞろ歩き
夕日の下の淡水河畔は、湘倫と小雨が最も心を開いて言葉を交わした場所だ。

湘倫と小雨が夕焼けの中ぶらぶらと歩いていた長い堤防は淡水河畔の、淡水分局の近くの川辺の散歩道である。

小雨家の屋上、二人が夕日の中でキスをした場所は、真理大学の小白宮付近にある一軒の民家の屋上である。淡水に遊びに行った時には、ちょっと見に行ってみるのも良いだろう。



訳 by kuro

posted by しゃん at 23:36| Comment(3) | TrackBack(1) | secretニュース

台湾金馬奨 『不能説的秘密』がベスト主題歌賞受賞

2007-1212-2.jpg 『不能説的秘密』がベスト主題歌賞、ベスト視覚効果賞、及び今年度の最も優れた台湾映画賞の三つの賞を獲得した。作曲と歌い手を兼任した監督の周杰倫は、香港でコンサートを開いていたため式典には出席しなかったが、受賞を耳にした後、とても嬉しく思っていることと、この映画を支持してくれたファンたちに感謝を表わした。

 作詞家の方文山はステージ上で湯唯の手から賞を受け取った後、笑いながら「作詞が出来ることの最大の恩恵は、まさに、湯唯の手を握ることができたってことだね」と言った。

 周董は昨晩香港の紅?体育館でコンサートを開いていたため、プロデューサー・黄志明が彼に代わって感想を伝えた。「皆さんに一つの事実をお伝えしなければならない。一週目と二週目、三週目のチケット売り上げが落ちることはなかった。観衆は周杰倫がこの映画に出ているから見に行ったのではなく、そしてまた周杰倫が出演していたため見に行ったわけではなかったので、第一週のチケット売り上げが比較的多かったことが、みんながこの映画を認めてくれたことを表わしていると言えるだろう。彼に代わって江エグゼクティブプロデューサーと楊峻榮、周ママ(葉恵美)に感謝する」。

 周杰倫はコンサートツアーに行く前に、方文山に万一受賞することがあったらすぐ連絡するようにと念入りに頼んでいた。方文山は「周杰倫は、彼が関わった映画、音楽、主題歌がすべてノミネートされたことをとても喜んでいる。金曲奨の他にも認められたことをね」と語った。方文山は湯唯と握手したフィーリングが特別だったので、ひょっとしたら短い文章を書いて記念とするかもしれない。


訳 by kuro
posted by しゃん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | secretニュース

金馬奨奪3冠 周杰倫興奮を抑えきれず

2007-1212.jpg 周杰倫の『不能説的秘密』が、昨晩の金馬奨でベスト主題歌賞、視覚効果賞、及び今年度の最も優れた台湾映画賞の三つの賞を獲得した。ちょうど香港でコンサートを開いている周杰倫は、自ら賞を受けることは出来なかったが、このニュースを知りかなり興奮し、その心情を語った。

 台湾のアーティスト周杰倫が、自ら編集・監督・主演を努めた『不能説的秘密』が第44回金馬奨受賞式典の中で、今年度の最も優れた台湾映画賞、ベスト視覚効果賞、ベスト主題歌賞を獲得。香港の紅?体育館でワールドツアーを行っており、自ら賞を受けることが出来なかった周董は、興奮を抑えきれず、コンサートが終了した後特別に受賞の感想と、彼を支持するファンたちに感謝を示した。アーティスト周杰倫は「すごく楽しい気分だよ。だけどコンサートはもっと楽しい。こんなに多くのファンたちと、一緒に分かち合うことが出来たんだからね」と語った。周杰倫は以前、『不能説的秘密』が金馬奨の男女主演、ベスト監督賞などの大きな賞に入らなかったことがいかにも腑に落ちないように見えた。しかし現在は『色・戒』以外で、最も多く賞を獲得した台湾映画ということで、周董もすっきりしたようだ。周杰倫は「実はやっぱり良い気分だよ。だけどコンサートは僕をもっと気分良くしてくれる。感覚が違うからね。一つは賞を取れるか取れないかで、一つはファンたちと比較的身近に接することができるってことだよ」と言っている。

 TVBS香港特派記者の黄重添は「周杰倫のファンは、彼が金馬奨で三つの賞を取ったことを知った後、すぐにコンサートを開いている場所に来て彼を待ち、祝福した」と伝えた。数十名の香港、大陸、東南アジアから来たファンたちは、紅?のバックステージで周董を祝福した。周杰倫のファンは「彼はホントにすごいわ。すっごく賢いし、すっごく才能があるのよ!」と言っている。『不能説的秘密』は上映3週間のうち、チケット売り上げは常に一定を保っており、周董に代わって賞を受け取った親友・方文山は、映画が決して周杰倫の人気だけで観衆を引きつけたわけではなく、本当に実力を備えていることを明らかにした、と語った。


訳 by kuro
posted by しゃん at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | secretニュース