イメージ

2007年09月18日

淡江高校(淡江中学)、周董(ジェイ・チョウ)の映画で大人気に

CIMG2036.jpg 周杰倫が初めて自作自演した大作映画『不能説的秘密(言えない秘密:Secret)』。彼と桂綸美(正しくは金ヘンに美)が音楽を心から愛する高校生に扮し、二人は周杰倫の母校である淡江高校で恋に落ちる。映画の上映はまだ始まっていないが、既に多くのファンが学校へと駆けつけ、劇中の雰囲気を味わっている。

 淡江高校の歴史はとても長い。校舎は古く趣があり、独特の格式を備え持っている。周董自身が淡江高校の有名なOBであるため、特別に、淡江高校に新しい映画の撮影に協力してもらえるよう相談した。淡江高校によって劇中の音楽的雰囲気に富んだ“淡江芸術高校(原文:淡江芸術中学)”が形作られた。

 『不能説的秘密』の予告の、インターネット上での閲覧数は既に一万人を越えた。少なくない周董のファンが淡江高校へ撮影現場を探しに向かい、そしてそこで記念撮影をしている。中でも周杰倫と桂綸美が出会い、抱き合った廊下は最も人気のある場所だ。日の光が染み透るアーチ型の柱の廊下は、木製の壁に良く映えている。インターネットユーザーは「ビックリするほど素敵!」と次から次へ書き込みを残している。

 映画の後半の、周杰倫が卒業生の為に演奏をする雄大なシーンでは、淡江高校の教会で撮影された。周董は淡江高校広報部主任・陳冠州に特別に手伝いをお願いし、彼はオーケストラの指揮に扮することとなった。陳冠州は、たとえ自分が出演したとしても、映画の全貌を窺う術はなく、愛とサスペンスの物語であることしか分からなかった、と話している。『不能説的秘密』撮影班は冬休みを選び、淡江高校で一ヶ月、構図を決め撮影を行った。学校側は撮影に協力するべく、付近の住民に校内に入らないよう呼びかける運動を展開した。

 『不能説的秘密』は熱烈に音楽を愛し、その上ピアノの名手である高校生・葉湘倫(周杰倫)が、同じくピアノを弾くことが好きな新しいクラスメート路小雨(桂綸美)に出会い、仲良くなり、別れを惜しむ姿を描いている。路小雨は、神秘的で聴く人を感動させる曲をよく弾いているが、しかし、葉湘倫に何の曲か説明しようとしない。映画のラストになりやっと、幾重にも重なった謎が解けてくる。

訳 by kuro

2007/8/4 淡水報道より
元記事はこちら
posted by しゃん at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | secretニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5485717

この記事へのトラックバック