イメージ

2007年12月12日

金馬奨奪3冠 周杰倫興奮を抑えきれず

2007-1212.jpg 周杰倫の『不能説的秘密』が、昨晩の金馬奨でベスト主題歌賞、視覚効果賞、及び今年度の最も優れた台湾映画賞の三つの賞を獲得した。ちょうど香港でコンサートを開いている周杰倫は、自ら賞を受けることは出来なかったが、このニュースを知りかなり興奮し、その心情を語った。

 台湾のアーティスト周杰倫が、自ら編集・監督・主演を努めた『不能説的秘密』が第44回金馬奨受賞式典の中で、今年度の最も優れた台湾映画賞、ベスト視覚効果賞、ベスト主題歌賞を獲得。香港の紅?体育館でワールドツアーを行っており、自ら賞を受けることが出来なかった周董は、興奮を抑えきれず、コンサートが終了した後特別に受賞の感想と、彼を支持するファンたちに感謝を示した。アーティスト周杰倫は「すごく楽しい気分だよ。だけどコンサートはもっと楽しい。こんなに多くのファンたちと、一緒に分かち合うことが出来たんだからね」と語った。周杰倫は以前、『不能説的秘密』が金馬奨の男女主演、ベスト監督賞などの大きな賞に入らなかったことがいかにも腑に落ちないように見えた。しかし現在は『色・戒』以外で、最も多く賞を獲得した台湾映画ということで、周董もすっきりしたようだ。周杰倫は「実はやっぱり良い気分だよ。だけどコンサートは僕をもっと気分良くしてくれる。感覚が違うからね。一つは賞を取れるか取れないかで、一つはファンたちと比較的身近に接することができるってことだよ」と言っている。

 TVBS香港特派記者の黄重添は「周杰倫のファンは、彼が金馬奨で三つの賞を取ったことを知った後、すぐにコンサートを開いている場所に来て彼を待ち、祝福した」と伝えた。数十名の香港、大陸、東南アジアから来たファンたちは、紅?のバックステージで周董を祝福した。周杰倫のファンは「彼はホントにすごいわ。すっごく賢いし、すっごく才能があるのよ!」と言っている。『不能説的秘密』は上映3週間のうち、チケット売り上げは常に一定を保っており、周董に代わって賞を受け取った親友・方文山は、映画が決して周杰倫の人気だけで観衆を引きつけたわけではなく、本当に実力を備えていることを明らかにした、と語った。


訳 by kuro
posted by しゃん at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | secretニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8132609

この記事へのトラックバック