イメージ

2007年12月12日

台湾金馬奨 『不能説的秘密』がベスト主題歌賞受賞

2007-1212-2.jpg 『不能説的秘密』がベスト主題歌賞、ベスト視覚効果賞、及び今年度の最も優れた台湾映画賞の三つの賞を獲得した。作曲と歌い手を兼任した監督の周杰倫は、香港でコンサートを開いていたため式典には出席しなかったが、受賞を耳にした後、とても嬉しく思っていることと、この映画を支持してくれたファンたちに感謝を表わした。

 作詞家の方文山はステージ上で湯唯の手から賞を受け取った後、笑いながら「作詞が出来ることの最大の恩恵は、まさに、湯唯の手を握ることができたってことだね」と言った。

 周董は昨晩香港の紅?体育館でコンサートを開いていたため、プロデューサー・黄志明が彼に代わって感想を伝えた。「皆さんに一つの事実をお伝えしなければならない。一週目と二週目、三週目のチケット売り上げが落ちることはなかった。観衆は周杰倫がこの映画に出ているから見に行ったのではなく、そしてまた周杰倫が出演していたため見に行ったわけではなかったので、第一週のチケット売り上げが比較的多かったことが、みんながこの映画を認めてくれたことを表わしていると言えるだろう。彼に代わって江エグゼクティブプロデューサーと楊峻榮、周ママ(葉恵美)に感謝する」。

 周杰倫はコンサートツアーに行く前に、方文山に万一受賞することがあったらすぐ連絡するようにと念入りに頼んでいた。方文山は「周杰倫は、彼が関わった映画、音楽、主題歌がすべてノミネートされたことをとても喜んでいる。金曲奨の他にも認められたことをね」と語った。方文山は湯唯と握手したフィーリングが特別だったので、ひょっとしたら短い文章を書いて記念とするかもしれない。


訳 by kuro
posted by しゃん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | secretニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8132698

この記事へのトラックバック