イメージ

2008年08月22日

●コラム ジェイ・チョウの音楽の魅力について

私はジェイ・チョウさんと同じ音楽を学んでいます。
某音楽大学を卒業し、自分なりに少しではありますが、演奏活動をしています。

ジェイ・チョウさんはピアノですが、私は声楽を学んでいます。まだまた勉強中です。そんな私が彼の音楽を語るなんてとんでもない事ですが、少しでも彼の素晴らしさを私なりの言葉で多くの方に伝わればと思いました。

ジェイ・チョウさんの音楽を初めて聴いた時、衝撃が走りました。なんて色彩のある音楽なんだろうと。バラードをきくと「香り」がします。そして声がとてもいい。音域がとても広い所もすごいです。彼の目には周りがどんなふうにみえてるのかなぁ…と。日々の生活の中で、すごく敏感にもの事を感じているんだろうなぁ…と。色々興味がわいてきて、彼の音楽に一目惚れしました。

みなさんも思われていると思いますが、ジェイ・チョウさんの音楽にはハートを感じませんか?どの曲にも愛がいっぱいつまっていて、その一曲一曲が胸をしめつけませんか?彼の指から奏でられる音楽は言葉では言い表せません。「自分の音楽」というものを明確に持った方だと思います。

迷いがない。
集中力の高さは素晴らしいです。

歌詞を間違えたり、音をはずしたり、演奏家としてどうなんだって意見がよく言われています。間違わないということは、とても重要だと思います。が私は極端な話ですが、そんな事はいいんです。気持ちさえあれば。私は今まで習った先生がどの人もいう事が、あります。それは気持ちが一番だと。

批判があるのはそれだけジェイ・チョウさんの音楽が影響を与えているという事だと思います。人に影響をあたえる音楽をつくるなんてすごい事だと思います。世界中の色々な国の人が、ジェイ・チョウさんの音楽を求めているなんて、すごいです。

よくいいますが、音楽は国境を越えるといいますが、まさにそのとおりだと思います。今たくさん世界中に音楽がありますが、世界中の人をこんなに魅了するジェイ・チョウさんはほんと素敵です。聴くたびに私の心をとらえてはなしません。深く深く私の中にジェイ・チョウさんの音楽が染み込んでいきます。ジェイ・チョウさんの音楽を愛さずにはいられません。

余談ですが、そういえば、私が伴奏をいつもして頂いてるお友達は、Secretを弾いてもらった時に、この曲つくった人は、ショパン好きだったりする??と言っていました。

1699.jpg


今回「不能説的・秘密」の公開が決まりとてもうれしく思っています。
私は、ジェイ・チョウさんが出ている映画作品で一番公開を待ち望んだ作品です。ジェイ・チョウさんが好きだからこの作品が好きというのはもちろんですが、作品に恋しました。

共演のグイルンメイさんやアンソニーウォンさんは、ほんと素晴らしかったです。このシーンが良かった!とか言いたいのですが、まだ見てない方もいらっしゃるので秘密にしておきます。ジェイ・チョウさんのファンの方は絶対 小雨になってみてしまいますよ。お楽しみに。

作品のストーリーはこれから初めてみる方もいるので触れませんが、とても甘く切なく、人を好きになるって素晴らしいなぁと思わせてくれる作品です。私は人を好きになると日常にキラキラとラメが降ったみたいになります。ずっとラメが止みません。この映画は、光りの使い方がとても素敵だなぁと思いました。

「不能説的・秘密」で、かかせないのが音楽です。この映画の音楽がストーリーに合わせて作られている点はすごいと思いました。映画音楽は、オープニングとエンディングがメインで、あとは挿入歌を有名な方が演奏されたり唱われたりする事が多いと思います。でも「不能説的・秘密」は監督自ら曲を書いて、撮影し、出演しています。今までそんな作品に私は出会った事がありません。ジェイ・チョウさんだからこそできる事なんだと思いました。

ジェイ・チョウさんの好きなショパンの曲(映画でもショパンの事が台詞ででてきますよ)やサン・サーンスの曲、クラシックの曲も使われていますが、そのままつかわずに編曲をしたりするところが、ジェイ・チョウさんの音楽の魅力ではないでしょうか。個人的には”路小雨”が大好きです。

今回、公開が決まった事で私は実現してほしいと思っている事があります。それは、「不能説的・秘密」のサントラクラシックコンサートです。
「不能説的・秘密」で使われているピアノ曲はほんと素晴らしいです。だからこそ、ジェイ・チョウさんに映画で使われている曲をピアノで演奏してほしいのです。宇豪の連弾の再現や、Secretの生演奏、小雨との連弾、白鳥、不能説的・秘密の弾き語り…私の個人的な夢としては、ショパンのワルツでひいてほしい曲があります。考えるだけでドキドキします。ジェイ・チョウさんの魅力が溢れている作品だからこそ、クラシックコンサートを
してほしいと思いました。今から準備をするとなると、大変難しいのはわかっているのですが、ジェイ・チョウさんの初作品だからこそ、日本で公開されるからこそ、もりあげたい気持ちでいっぱいです。ジェイ・チョウさんが弾いてくれはるのが一番うれしいですが、ファンの方で「不能説的・秘密」のサントラの曲を演奏したいと思われてる方が集まって、演奏会をするのも素敵だなぁと思っています。ジェイ・チョウさんに私達の作品に対する想いが伝わると信じています。

周杰倫監督初作品であり、個人的にも たくさんの出会いを運んでくれた作品でもあります。こんなに素敵な出来事を運んできてくれる作品はないと思っています。何か日本で「不能説的・秘密」をいろいろな人に触れてほしいと思い、クラシックコンサートがおこなわれたらいいなぁと思いました。


by 小麻るんるん

posted by しゃん at 00:30| Comment(3) | TrackBack(0) | その他

2007年11月08日

阿郎の俺様☆ロックンロール原題:「女孩別為我哭泣」





『不能説的秘密』 劇中挿入歌より
阿郎の俺様☆ロックンロール
原題:「女孩別為我哭泣」 (うた&歌詞 :黄俊郎  曲:周杰倫)

訳:team-JW


世界平和のラ・ラ・バ・イ
俺は男だ☆突き進む
鋼の心でメッタ打ち
甘く優しく愛してやるぜ
男はちんたら遊んでじゃねぇ

俺の人生ちゃらんぽらん
背中に哀愁漂わせ
義理・人情を通すのさ
俺の胸で泣きなよ ベイベェー
俺は男だ☆俺に惚れるなよ

男らしく気合いっぱい
男らしくリーゼント・キメキメ
ちっちゃなお目々をパッチリ開けて
ウインクひとつ投げてやる
俺の笑顔は痺れるぜ
オイオイ俺の二頭筋
男は孤独な狼さ
俺のハートはホット!ホット!
熱い吐息をフーフー・ハーヒー
俺は男だ☆俺に惚れるな
俺は男だ☆
すでに惚れてるぜぇ〜






++++
無断転載を絶対禁じる
posted by しゃん at 21:09| Comment(3) | TrackBack(1) | その他

2007年10月05日

ジェイの通った私立淡江高校の音楽科ってどんなところ?”

makkei.jpg私立淡江高級中学音楽班の紹介

●沿革
1.マッケイ期
 西暦1872年3月9日カナダの宣教師マッケイ博士(George Leslie Mackay/1844年3月21日〜1901年6月2日)は台湾の淡水に到着し、医術の布教に加えさらに、淡水に台湾北部の西洋文化教育のゆりかご――淡江高校を築いた。

 淡江高校の設立後、音楽は自然と大切な教育課程になっていった。マッケイは聖歌を以って平埔族等を含む原住民学生を受け入れ、そして、原住民音楽を収集・記録して利用し、ゆっくりと着実に音楽の基礎、及び音楽教育に変化をもたらした。そしてこれらはまた、呉ウィリアム牧師夫妻、テイラー女史(Isabel Taylor)等の人々が淡江に残した努力の足跡でもある。これによって台湾北部の音楽的なレベルは上がり、優秀な音楽家が育っていった。中でも陳泗治校長の時代が最も際立っていた。


2.陳泗治校長期
 1926年 台湾初の合唱団“淡水合唱団”がラグビーの父・陳清忠のもと巡回コンサートを開催。

 1947年 陳泗治校長とテイラー女史は、純徳女子中学音楽科を創設。これは台湾女子高校の中で始めて音楽科を設立した学校である。


3.姚聡栄校長期
1944年 先達の努力及びに昨今の社会的要求に基づき、そこで、姚聡栄校長は1994年に音楽クラスを再スタートした。


●教育目標
1.台湾音楽文化及びに宗教音楽教育の重視。
2.音楽的才能の優れた学生を発掘し、音楽の専門教育を与える。


●課程内容
1.一般的な高校の学科課程。
2.音楽の専門課程
ソルフェージュ、パソコンを使っての作曲・音響効果、編曲、音楽鑑賞、ピアノの個別指導、室内楽、合唱、ハンドベルアンサンブル及びにオーケストラ。


●ハード面・ソフト面の設備
 淡江音楽クラスに入ると、芸術の殿堂に身をおき、完璧な防音設備の練習室で、私達の音楽の精霊が正に手を高く上げ鍵盤上の音符を追っている姿を見ることができる。クラス分けされた教室では、心の奥底の音楽があなたのそばをくるくると踊っているのを感じることができるだろう。設備は斬新で、300人を収容することが出来る演奏ホールでは、一つまた一つとコンサートが行われている。淡江の神聖な礼拝堂の中には、更に、全国の学府の中で随一のパイプオルガンが置かれ、優美で厳かな教会音楽が学生の心を浄化するだろう。


●成果
 淡江音楽クラスでは倫理教育に情操教育の薫陶を融合し、心の感動を音楽によって体現することにより、淡江人の音楽は、自然と真・善・美の光を放つようになる。私達の学校には台湾全土で最も特色あるハンドベルアンサンブル、優しく優雅な合唱団、及びに活気溢れるオーケストラがある。淡江音楽クラスは1996年、2001年、2002年にそれぞれ国家音楽ホールの舞台を踏んでいる。


●展望
 淡江音楽クラスは偽りのない感情と巧みで完璧なテクニックを以って、台湾に現れ、更に国内・外に広く居住する淡江音楽人を以って誇りとし、淡江音楽教育が優れていることの証明とする。

テイラー女史
写真はテイラー女史。



訳 by kuro

posted by しゃん at 11:11| Comment(1) | TrackBack(1) | その他